血栓が詰まるドロドロ血液は食生活やサプリで予防しよう

何を摂取すべきか

血液

糖尿病の可能性と食事療法

ヘモグロビンa1cとは血液の中にどれくらいブドウ糖が入っているかを示す指標のことです。つまり、体内の糖分の多さを表しています。したがって、ヘモグロビンa1cが高いと糖尿病になる可能性が高く、ヘモグロビンa1cが低ければ糖尿病になる可能性が低いということです。ヘモグロビンa1cを下げるためには食事療法が効果的です。摂取して効果のある食品は食べるようにして、摂取すべきではない食品は控えるようにすることが重要です。積極的に食べるべきものは青魚、ほうれん草、もやし、しじみなどが代表的なものです。また、控えるべき食品とは、ご飯、パン、かぼちゃ、ビール、日本酒などが挙げられます。いずれも身近な食材ですので、きちんと区別をして食生活を見直しましょう。

高麗人参

健康食品を積極的に食べることもヘモグロビンa1cを下げる上で効果的です。その代表的な食材は高麗人参です。高麗人参は中国では万能薬と言われるほど健康を維持するのに非常に効果的な食品として有名です。それは効果が非常に多岐にわたるからです。その1つとしてヘモグロビンa1cを下げる働きもあるのです。この働きをもたらすのが高麗人参の主成分であるサポニンです。サポニンは他にも、血管を拡張させて血液の流れを改善してサラサラの状態にしたり、高血圧を抑制する効果もあります。糖尿病は合併症を引き起こすことがしばしばありますので、その対策にもなります。食材として非常に珍しいものですので、通常はサプリメントで摂取します。